間違った我流のセルフケアが症状を悪化させる原因についてまとめ

NGこんにちは、テアシス城陽長池、院長の井上です。
 
世の中には様々な健康情報が溢れています。
 
本・雑誌・テレビ・ネットなどに、たくさん健康情報がありますから、少し調べたら色々出てきます。
 
しかし次のようなケースが多いのが現実です。
 
「腰が痛かったので、ネットに載っている腰痛改善のためのセルフケア・ストレッチをやっていたら、痛みがひどくなってしまった」
 
「テレビで紹介されていた腰痛体操をしていたら、ドンドンと腰が重くなってくた」
 
そのような健康情報を基に自分でケアをしようと思ったら、体が悪化してしまったとうケースが増えているのです。
 
それはつまり、そのケアが正しくない・あなたの身体に合っていない、ということです。
 

正しくない身体のケア情報、たくさんあります

残念ながら、世の中には間違った健康情報がたくさんあります。
 
特に「流行っている」ケアはちょっと疑いを持って接するべきでしょう。
 
ちょっと前まで、「開脚ストレッチ」が女性の中で流行っていました。
 
開脚をすることで、ダイエットになる・猫背が良くなる・身体の痛みが取れるなどなど。そういう専門家が出て来たり、本が出たり雑誌で特集されたり。ヨガスタジオなどでも取り入れられていました。
 
しかしです。その頃から原因不明の股関節痛で悩む女性が増えてきたのが。
 
股関節が痛いけど、整形外科で検査をしたら原因不明。手術を勧められてしまった。
 
どうしようか悩んだ結果テアシスにいらっしゃったのですが、体の検査をしてみると。びっくりするほど身体がゆがんでいました。特に股関節と骨盤のゆがみがひどい!
 
これは開脚ストレッチの弊害でした。ストレッチで無理に関節を伸ばそうとしていたため、逆に身体への負荷のためのゆがんでしまったのです。
 
幸い早目に来てくださったので、施術回数も少なくて済みましたが、もう少しひどかったら数ヶ月は施術が必要だったかもしれません。
 

そのケアが、あなたの身体に合っているのかわからない

世間にあふれている身体ケア方法、役立つものもあれば、危険なものもあります。
 
それはひとえに、正しいやり方かどうか、あなたの身体に合っているかというところで判断するべきです。
 
しかしみなさんは身体の仕組みや健康においては、残念ながらシロウトです。その判断が出来ずに、間違ったケアをし続けて、結果よりひどくなってしまうことも。
 
テアシス城陽長池では、正しい身体のケア・あなたの身体に合った身体のケアの方法をお伝えすることも使命だと考えています。
 
私の場合、体を時間かけて検査することで、どこが弱いか・どうやってあなたの身体のバランスを整えていくのかを元に、セルフケア法をお伝えできます
 
これこそが、あなたの身体に合ったセルフケア・身体の仕組みにあったセルフケアです。
 
流行っているから、簡単だからと言って、健康情報を鵜呑みにしてしまうのは危険です。
 
正しいセルフケアを身に着けるためにも、当院のようなプロの治療院で一度身体を見てもらうことをおススメします。
 

当院へのアクセス情報

住所〒610-0111 京都府城陽市富野南清水61-6  脇田建設ビル106
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話0774-57-2622