歪みの生活習慣を変えないと不調に繋がる!?歪ませる一覧まとめ

NG当院は「ゆがみ直し」のための治療院です。
 
とはいえ、当院の役割はただ施術をするだけではありません。
 
もう一つとても重要なこと、「あなたの生活習慣を一緒に変えていくこと」、これも重要な役割だと考えています。
 
痛みやシビレを引き起こす「身体のゆがみ」。そのゆがみを作っているのが、毎日のあなたの生活習慣です。
 
生活習慣を変えないと、体はまたゆがんでしまっていきます。
 
自分だと自分の習慣の何が悪いのか気付きにくいことでしょう。それを私はヒアリング・観察の上、お伝えしていきます。
 
そしてその習慣を、少しずつでいいので、一緒に変えていきましょう
 

身体をゆがませる習慣の一例

●座っている時の脚組み
足を組むだけで骨盤はゆがんでいきます。
 
足を組むクセがあるなら、要注意です。
 
中にはご飯を食べている時にも足を組んでしまう人もいますが、これはかなりひどい状態だと思ってください。
●ソファの種類
もしあなたの家にソファがあるなら、それも要注意です。
 
フカフカで沈み込むようなソファというのは骨盤をゆがませます。(ソファのあるうちは、腰痛持ちが非常に多いのはこのため)
 
ソファを使うにしても、腰を支え背筋がまっすぐにできるような固めのものが良いです。
 
もしくは長時間ソファに座らないことを意識してください。
●デスクワークの時は、1時間に1回は立ち上がり足を動かす
最近はデスクワークが増えてきました。人類史上、こんなに座ってすごすことは初めてだそうです。
 
座っていると骨盤に負荷がかかるので、デスクワークの時は1時間に1回は立ち上がって身体を動かしてください。
 
それだけで腰への負荷が大きく変わります。
 
立って仕事ができる環境があるなら、それはとても良いと思います。
●カバンは両手でバランス良く持ちましょう
毎日使っているカバン、どっちの手・肩でもっていますか?
 
もし片側ばっかりつかっているなら、それは身体のゆがみの元です。背骨や頸椎に負荷がかかります。
 
なるべく交互に手や肩を使うように気を付けましょう。
●ご飯を噛むのは左右のどちら?
あなたはご飯を噛むのは、左側の歯・右側の歯、どちらが多いですか?
 
この片側だけで噛むことも、体をゆがませます。特に首がゆがむので、自律神経バランスが乱れやすくなってしまいます。

 

1人では変えられないことも、一緒なら変えていけます

いいかがでしょう?以上の例はあくまで一部。他にも身体のゆがみに影響する習慣やクセはあります。
 
こうして羅列すると、「本当に私、習慣を変えられるのかしら」と不安に思ってしまうかもしれませんね。
 
その不安はわかります。しかし大丈夫、私がいますから。
 
人は1人ではどうしても続けることが難しい生き物です。しかし2人なら、しっかりとモチベーションを維持して、常に自分の身体を観察できるようになります。
 
2人なら生活習慣を変えられるのです。
 
私の役目は、あなたの身体のゆがみを整えることと、あなたの生活習慣を変えていくことです。
 
だから再発で悩まない快適な身体を取り戻せるのです。
 
一緒に生活習慣を変えませんか?
 

当院へのアクセス情報

住所〒610-0111 京都府城陽市富野南清水61-6  脇田建設ビル106
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話0774-57-2622