テアシス城陽長池のブログ

ブログ

1回で治そうとするのは逆に危険

健康コラム
2018年02月15日

施術の流れこんにちは、テアシス城陽長池、院長の井上です。
 
「1回の施術で治らないんですか?」とよく聞かれます。
 
なるべくなら少ない回数で良くなれば、時間もお金も削減できるし、いち早く快適な生活を取り戻すことができるので、お気持ちはよくわかります。
 
しかし残念ながら1回では良くなることはほとんどありません。
 
それに加えて、1回ですべてを治そうとする施術というのは、身体にとって非常に危険になります。
 
あなたの身体に負担なく、安全に段々と身体が変わっていくためには、やはり複数回の施術が一番だと、私は実感しています。
 

1回で治そうとするのは逆に危険って、どういうこと?

「1回で治そうとするのは逆に危険って、どういうこと?」、そう思われるかもしれませんね。
 
実は私たち施術家が身体のゆがみを整える時、身体への必要な刺激量というのをコントロールしています。
 
毎回同じことをやっているように見えるかもしれませんが、身体のゆがみを整えるためのそのアプローチによる刺激量はほぼ毎回違います。
 
その時のあなたの身体にとって、負担なく、そして負担ない状態で最も身体が整いやすい刺激を加えているんです。
 
だからあなたの身体への矯正効果の非常に強いゆがみ直しだって、やろうと思えば出来ます。しかしそれは「あえて」やっていないんです。
 
矯正効果が強すぎると、あなたの身体以上の矯正だと、こんなことが起こるからです。
 

●矯正効果に、これまで使っていなかった筋肉が追い付かずに、痛みが続いてしまう
●強い矯正効果で、変なところに負荷がかかり、思わぬところに痛みが出るようになる
●矯正効果に身体が追い付かないので、かなりの期間、体の重ダルさで悩まされてしまう(好転反応が長すぎてしまう)

 
このような状態になってしまいます。
 
こんなことになったら、あなたは「改善してる」と思いますか?おそらく思わないので、施術・治療を受けることを止めてしまうでしょう。
 
その結果、結局痛みや不調は改善しない・・・
 
そんなことは私たちの本意ではありません。私たちはあなたに元気になって欲しいんです。
 
元気になるためには、適切な道筋が必要です。
 
少しずつ少しずつ身体が変わっていく方が、身体にとってもあなたの心にとっても自然なことなのです。
 
急激な矯正は身体にも心にも負荷になってしまいます。だから「1回で治そうとするのは逆に危険」なんですね。
 
「どんな風にして元気になってもらうか」まで考えて施術するのが、プロのゆがみ直し職人である私の仕事の1つ。
 
安全に順調に、そして気持ち良く元気になっていきましょうね。

正しくないセルフケアが、痛みの元

健康コラム
2018年02月8日

NGこんにちは、テアシス城陽長池、院長の井上です。
 
世の中には様々な健康情報が溢れています。
 
本・雑誌・テレビ・ネットなどに、たくさん健康情報がありますから、少し調べたら色々出てきます。
 
しかし次のようなケースが多いのが現実です。
 
「腰が痛かったので、ネットに載っている腰痛改善のためのセルフケア・ストレッチをやっていたら、痛みがひどくなってしまった」
 
「テレビで紹介されていた腰痛体操をしていたら、ドンドンと腰が重くなってくた」
 
そのような健康情報を基に自分でケアをしようと思ったら、体が悪化してしまったとうケースが増えているのです。
 
それはつまり、そのケアが正しくない・あなたの身体に合っていない、ということです。
 

正しくない身体のケア情報、たくさんあります

残念ながら、世の中には間違った健康情報がたくさんあります。
 
特に「流行っている」ケアはちょっと疑いを持って接するべきでしょう。
 
ちょっと前まで、「開脚ストレッチ」が女性の中で流行っていました。
 
開脚をすることで、ダイエットになる・猫背が良くなる・身体の痛みが取れるなどなど。そういう専門家が出て来たり、本が出たり雑誌で特集されたり。ヨガスタジオなどでも取り入れられていました。
 
しかしです。その頃から原因不明の股関節痛で悩む女性が増えてきたのが。
 
股関節が痛いけど、整形外科で検査をしたら原因不明。手術を勧められてしまった。
 
どうしようか悩んだ結果テアシスにいらっしゃったのですが、体の検査をしてみると。びっくりするほど身体がゆがんでいました。特に股関節と骨盤のゆがみがひどい!
 
これは開脚ストレッチの弊害でした。ストレッチで無理に関節を伸ばそうとしていたため、逆に身体への負荷のためのゆがんでしまったのです。
 
幸い早目に来てくださったので、施術回数も少なくて済みましたが、もう少しひどかったら数ヶ月は施術が必要だったかもしれません。
 

そのケアが、あなたの身体に合っているのかわからない

世間にあふれている身体ケア方法、役立つものもあれば、危険なものもあります。
 
それはひとえに、正しいやり方かどうか、あなたの身体に合っているかというところで判断するべきです。
 
しかしみなさんは身体の仕組みや健康においては、残念ながらシロウトです。その判断が出来ずに、間違ったケアをし続けて、結果よりひどくなってしまうことも。
 
テアシス城陽長池では、正しい身体のケア・あなたの身体に合った身体のケアの方法をお伝えすることも使命だと考えています。
 
私の場合、体を時間かけて検査することで、どこが弱いか・どうやってあなたの身体のバランスを整えていくのかを元に、セルフケア法をお伝えできます
 
これこそが、あなたの身体に合ったセルフケア・身体の仕組みにあったセルフケアです。
 
流行っているから、簡単だからと言って、健康情報を鵜呑みにしてしまうのは危険です。
 
正しいセルフケアを身に着けるためにも、当院のようなプロの治療院で一度身体を見てもらうことをおススメします。
 

ストレスが痛みを起こす、不調を起こす

健康コラム
2018年01月26日

ストレスこんにちは、テアシス城陽長池、院長の井上です。
 
人間の痛みの根本には、「ストレス」があることが非常に多いです。
 
「ストレスが痛み?」と思われるかもしれませんが、実がかなり多いです。ストレスが痛みの根っこにある場合。
 
例えば、ある60代の女性。元々腰に軽い違和感があったが、ある時から痛みが強くなり、動けないほどになってしまった。
 
それでどうしようもなくなって当院にいらっしゃったのですが、お話を聞いてみると「直前に夫と喧嘩をして、上手く仲直りできていない」とのことでした。
 
あー、この可能性が高いと思い、その日はしっかりゆがみを整えると同時に、「良いキッカケなので旦那さんと仲直りしてください」とお伝えしました。
 
数日後その方から連絡があり、「痛みがほとんどなくなりました!」とのことでした。
 
これなどストレスが痛みの根っこにあった良い例です。
 

ストレス・心因性の原因が痛みに繋がる理由

ストレスや心の問題がなぜ痛みに繋がるのでしょうか?
 
それは自律神経の乱れが大きく関わっています。
 
ストレスが強いと、自律神経が乱れると聞いたことありませんか?
 
当サイトでも、ストレスと不調とゆがみの関係について記事を書いております。
身体のゆがみを整えてストレスに強くなる
 
ストレスで自律神経が乱れる場合、交感神経がより強く働くことが多いです。
 
交感神経が強くなると、こんなことに身体に起こります。
 
・身体が緊張する
・血管が収縮して、血流のめぐりが悪くなる
・呼吸が速くなり、酸素が十分吸えなくなる
 
どれもこれもストレスへの防衛のために起こっているのですが、これは全て身体の自然治癒力には逆効果になります。
 
目の前の危険に対応するために、自然治癒力に回すべきエネルギーを目の前の危機に対応するための身体の器官に回すことで、痛みが強くなってしまったり、新たに痛くなる場所が出てくるのです。
 
特に現代人で多いのが、ストレスで肩コリがひどくなったり、腰痛がひどくなったりすることです。
 
あなたも経験あるのではないでしょうか?
 
ストレスの元を解消すれば、痛みが自然となくなってくることが多いんです。
 

ゆがみを整えることで、ストレスを解消してく

とはいえストレスというのは、すぐに解消できないものです。
 
原因がわかってもどう解決すればわからないことが多いですよね。
 
だからこそ重要になるのが、体のゆがみを整えること。
 
身体にゆがみがあると、自律神経が乱れやすくなり、交感神経が高ぶってしまいます。
 
身体のゆがみを整えることで、ストレスがあっても自律神経が乱れにくい強い身体に変わり、痛みやシビレで悩まないように変わっていけるからです。
 
原因不明であったり、ストレスが原因であったりする痛みでも、悩まずに身体を整えていくことで、「身体が変わっていく!」という感覚に気付けます。
 
そうすると自然とストレスも落ち着いていくので、不調がなくなっていくことも。
 
ストレスが原因の不調の時こそ、心だけでなく身体も整えてみましょう。
 
それで良くなること、とっても多いんですから。

次ページへ »