原因不明の症状の場合、ゆがみを疑おう

症状こんにちは、テアシス城陽長池、院長の井上です。
 
「病院の検査でも原因が不明の症状」で悩まれた経験ありますか?
 
実は結構多いのです。そのような症状でお悩みの方。
 
レントゲンを撮ったけどもわからない。MRI検査をしたけどわからない。CT検査もしたけどわからない。
 
そのような原因不明の症状でな悩む方、いるんです。
 
これは誰にでも起こりうることです。特にストレスが強い生活をしている方、忙しい毎日を送っている方は、いつ起こってもおかしくないのです。
 
だからぜひ知っておいて欲しい事があります。
 
病院の検査で原因不明の症状の場合、それは自律神経バランスの乱れがあり、その根本には身体のゆがみがあることを。
 

どんな症状が原因不明で起きやすい?

めまい、耳鳴り、不眠、パニックや不安、激しい動悸や激しい嘔吐、頭痛、疲労感倦怠感、などなど。
 
こういった症状は、原因不明として扱われることが非常に多いのです。
 

自律神経の乱れはわからない

原因不明のめまい・頭痛・倦怠感などなど。こうしたことが起きている理由として、「自律神経バランスの乱れ」が考えられます。
 
自律神経には2つの種類があります。交感神経と副交感神経です。
 
起きている時には交感神経が働き、夜になると副交感神経が働き身体を休ませようとする。
 
それが自然な自律神経バランスなのですが、ストレスや過度の疲労、それに加えて身体のゆがみがあると、自律神経バランスが崩れて、うまく働かなくなったり、変な風に働いてしまうようになります。
 
結果としてめまい・頭痛・倦怠感などが起きるわけですが・・・ 残念ながら病院では自律神経バランスの乱れを見抜くことは難しいですし、見抜いたとしてもアプローチできないのです。
 
MRIやCTなどの詳細な検査を行ったとしても見極めることが出来ない。それが自律神経失調なのです。
 

薬で悪化するケースが多いのが難点

この自律神経バランスの乱れに由来する症状の場合、病院で出された薬を飲むと、悪化していくケースが多いと聞きます。
 
特に向精神薬などを出されてしまうと、悪化が著しく、なかなか戻りにくい状態になってしまうことも。
 
実際の来院した方から、こんなことを聞いたことがあります。
 
「めまいが出たので、病院で出された薬を飲んでいました。飲んでも改善していかずに飲む量が増えたのですが、めまいが治るどころか、パニック発作や不安感に襲われることも多くなり・・・」
 
気を付けていただきたいところです。
 

ゆがみを整えると、自律神経バランスも整う

自律神経バランスを整えるために重要なこと、それは身体のゆがみを整えることです。
 
首や背中・お腹には自律神経が集まっています。
 
なので首の骨や背骨、骨盤がゆがむとそうした自律神経に刺激圧迫を加え、自律神経の働きを乱してしまうんです。
 
そこで身体のゆがみを整えることで・・・
 

●自律神経への刺激を解放
●神経伝達がスムーズに
●脳から自律神経への命令が適切になる

 
などにより、原因不明と診断された症状でも、ドンドンと身体が変わっていくのです。
 
みなさんに覚えておいていただきたいことがあります
 
それは「病院の検査で原因不明だと言われても、諦める必要がない」ということを。
その時は「テアシス城陽長池に行く」という選択肢があるということを。

 
当院の無痛のゆがみ直しで、自律神経バランスを整えていきませんか?

当院へのアクセス情報

住所〒610-0111 京都府城陽市富野南清水61-6  脇田建設ビル106
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話0774-57-2622