保険ではなく自費で施術を提供する意味

こんにちは、テアシス城陽長池、院長の井上です。
 
当院では完全自費でのみ施術を行っております。
 
しかし実は院長は柔道整復師という国家資格を持っているので、接骨院として営業すれば保険での治療を行うことが出来ます。
 
それにも関わらず、なぜ保険ではなく自費での施術を行っているのかわかりますか?
 
売り上げのため?いえいえ、保険適用の方が患者さんは数多く来るでしょうから、そういうことではありません。
 
自費でないと出来ない施術があるからです。本当に意味のある施術、根本的な施術をするには、保険ではなく自費でないと出来ないからなんです。
 
私は痛みシビレ不調で悩む方のために、本当に役立つ施術をしたいと思っています。
 
だからこその自費施術なのです。
 

保険では出来る施術が限られている

保険での治療というのは、法律で限定されています。
 
骨折、脱臼、打撲及び捻挫(肉ばなれを含。)の場合にのみ、保険での治療が可能です。
 
つまり急性のケガでのみ、保険を使えるということです。
 
ケガに対して行えることが、電気・湿布・マッサージぐらいですね。
 
慢性的な症状、例えば肩こりや腰痛、疲労などに対してのアプローチは自費でないと行ってはいません。
 
病院で改善しない痛みやシビレ不調などは、ほとんどは慢性的症状です。
 
なので保険での治療はNG。慢性症状には自費施術じゃないといけないのです。
 

身体のゆがみは、自費施術でないとアプローチできない

慢性症状の根本にあるのは、「身体のゆがみ」です。手と足がゆがみ、骨盤や背骨・頸椎がゆがみ、結果様々な痛み不調が出ています。
 
身体のゆがみというのは、ケガではありません。急性のものではありません。
 
不良姿勢や日常生活のクセによりジワジワとなるものです。
 
身体のゆがみにアプローチする=根本的な施術をするには、ケガへのアプローチでは意味がありません。だってケガではないのですから!
 
電気や湿布・マッサージではアプローチすることができない本当の原因を解決するためには、自費施術でないといけないわけです。
 

結局自費施術が一番安いし速い

施術の流れ保険での治療に慣れている方は、「自費の施術って高いからな」と思われるかもしれませんね。
 
しかし本当に元気になりたいと考えているのあれば、結局のところ自費施術の方がトータルでは速いし、費用的にもお得になるケースがしばしば。
 
毎日病院や接骨院に通って電気治療を受けても改善しないで、1年も2年も治らないケースが多いです。
 
保険での治療とはいえ毎回受ければそれなりの費用になりますし、1年も治らないのは、その間はしたいことが出来なかったことを意味します。
 
本当は旅行に行きたかった、本当は子供や孫と遊びたかった、友人と会いたかった。そんなことが実現してたかもしれないのです。
 
私は本当に意味のある施術、あなたに役立つ施術をしたいんです。だからこその自費施術。
 
あなたが当院の施術を受けるかどうか迷われていて、その理由が自費であるなら、私はあなたが後悔しない施術をお約束します。
 
自費だからこそできること、時間も費用も無駄にならない結果にすること、それがテアシス城陽長池の根本施術なんです。
 

当院へのアクセス情報

住所〒610-0111 京都府城陽市富野南清水61-6  脇田建設ビル106
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話0774-57-2622