手と足を整えないと、体は本当に整わない

こんにちは!テアシス城陽長池、院長の井上です。
 
世の中には様々な施術がありますが、痛みやシビレの原因に「ゆがみ」がある可能性が高いということが、徐々にたくさんの人に知っていただけるようになってきたと思います。
 
病院で改善しない痛みやシビレなどは、ゆがみの可能性を疑った方が良いでしょう。
 
そのため、骨盤矯正や姿勢矯正などの、矯正施術が増えてきました。実際に受けてみたことがある人もいるのではないのでしょうか?
 
身体のゆがみというのは、骨盤や背骨のゆがみも含みます。
 
しかし骨盤矯正・姿勢矯正では、効果がないことが多いです。
 
確かに骨盤や背骨のゆがみも、筋肉に負荷をかけて、痛みやシビレにつながるので、骨盤や背骨を整えることは重要です。
 
しかし骨盤や背骨のゆがみが、「歪みの根本」ではないのです。だから骨盤・背骨を触るだけでは、すぐにまた身体はゆがんでいってしまうんです。
 
だからみなさんには、ぜひ知っておいていただきたいことがあります。それは
 
身体のゆがみの根本には、手と足のゆがみがある、ということです。
 

骨盤・背骨のゆがみは、手と足のゆがみから来る

ゆがみ例えば腰痛を例にしましょう。
 
腰痛が起こるのは、筋肉が緊張を起こしており、その緊張が骨盤や背骨を引っ張るためにゆがんでしまい、腰に痛みを感じさせるからです。
 
骨盤や背骨を整えて一時は腰痛がラクになるケースはあるのですが、すぐに再発するケースが頻発しています。(施術翌日、2日目などに再発するケースが多いですね)
 
これはなぜか、一時は整った骨盤や背骨が、またゆがんでしまうからです。
 
骨盤は筋肉を通して足とつながっています。背骨は筋肉を通して手とつながっています。
 
なので足が整っていないと、骨盤がゆがむ。手が整っていないと、背骨がゆがむ。
 
結局根本的に身体を整える=手足を整えないと、骨盤や背骨のゆがみがすぐに再発して、痛みシビレが再発してしまうのです、
 

例えばキャンプ場で使われるテントをイメージしてください。
 
テントのポールを立てるとしても普通に立てるとグラグラと不安定になってしまいます。
 
そこでポールを支えるためにロープを左右均等にピーんと引っ張り合うとテントのポールは安定しますよね?
 
そこでもし片方のロープが縮むと反対側のロープは引っ張られてポールは傾いて倒れてしまいます。これが「身体がゆがむ」という状態なんですね。

手と足を整える治療院はない、だからテアシス城陽長池に!

しかし手や足を整える施術は、ほとんどありません。
 
・あなたは接骨院に行って、手足を整えてもらったことありますか?
・鍼灸院に行って、手足を整えましたか?
・カイロプラクティックで、手や足は整いましたか?
・整体で、手と足に施術はありましたか?
 
なかったと思います。なぜなら、普通の治療院には「手や足がゆがむ」という考え方がないから。
bsp;
解剖学を学べば、手が背骨に影骨盤に影響することはわかるはずなのですが、手と足を整える施術はありません。
 
だからテアシス城陽長池の、ゆがみ直し施術です。
 
当院のゆがみ直しは、手と足から整えていく根本ゆがみ直しです。
 
実際に受けていただいても、「何をやっているんだろう」と感じられるかもしれませんが、終わった後の身体の真っ直ぐさを体感していただければ、手と足から骨盤と背骨を整える重要性を実感していただけると思います。
 
もしあなたの痛みやシビレが、改善しない・再発するのであれば、手と足のゆがみを整えてみましょう。
 
人生が変わる希望を感じてください、
 

当院へのアクセス情報

住所〒610-0111 京都府城陽市富野南清水61-6  脇田建設ビル106
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話0774-57-2622